シロアリでリフォームが必要になったときの工事費用はどのくらい?|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

シロアリでリフォームが必要になったときの工事費用はどのくらい?

シロアリ リフォーム

シロアリ駆除とリフォームは同時におこないましょう。シロアリを駆除しただけだと、住宅の基礎に被害があれば家が傾いたりや倒壊したりといったおそれがあるからです。また、シロアリが住みやすい環境のままになっている場合が多く、すぐに再発してしまうおそれもあります。

シロアリ駆除とリフォームを同時におこなっておくと今後シロアリ被害が出にくくなるだけでなく、費用も抑えられるのでおすすめです。

このコラムでは、シロアリ駆除とリフォームを同時におこなったときのメリットや費用を解説していきます。また、シロアリの好む場所もご紹介しますので、日ごろのメンテナンスにお役立てください。

シロアリ駆除とリフォームを同時におこなう3つのメリット

シロアリ駆除とリフォームを同時におこなうと効率がよいです。別々におこなうよりも時間や作業を短縮できるからです。ここでは同時におこなった場合のメリットを解説します。

細かな場所までシロアリ駆除できる

細かな場所までシロアリ駆除できる

シロアリ駆除だけおこなうと、隙間や設置してあるものとの境目がどうなっているのか確認できずに、シロアリ駆除が完全ではないことが多いです。

しかし、シロアリ駆除とリフォームを同時におこなうと、見落としなく効率的にシロアリ駆除の作業ができます。壁や床などの構造物をリフォームで動かしているときなら、普段は隠れている住宅の奥まった場所や細かい部分にも手が届くからです。家の隅々までシロアリ被害がないか確認し、駆除や対策ができます。

費用を抑えられる

シロアリ駆除とリフォームを同時におこなうと1度の作業でできることが増えます。たとえば、床下に潜ることが必要な場合、シロアリの確認作業や建物の基礎の状態確認など同時におこなうことができます。

このようにすると通常であれば2回おこなう作業も1回でできるため、別々に依頼した場合よりもコストが抑えられるのです。

シロアリの再発を抑えられる

シロアリが発生したことのある場所は、シロアリの侵入できる環境であることやシロアリが好きな環境であるということがいえます。そのため、駆除だけではまたシロアリが発生してしまうおそれがあります。

シロアリは0.6ミリメートルほどの隙間があれば侵入できます。これを阻止するためにも、駆除だけでなくリフォームをおこなっておきましょう。隙間を埋めておくとシロアリの侵入をブロックすることができるのです。

シロアリ被害をしっかりと確認してシロアリ駆除をおこなうには、プロの力を借りましょう。シロアリ被害をしっかりと確認するときには、床下に潜って確認する必要もあります。

慣れていない作業を自分でおこなうとケガをするおそれもありますので、業者に依頼することをおすすめします。

シロアリ被害を修復させるための費用相場

シロアリの駆除とリフォームの両方をおこなう場合、まずはそれぞれの費用相場を知っておきましょう。

とはいえ、駆除方法や使用する薬剤の違い、リフォームをおこなう場所の違いなどによって費用には差があります。シロアリの被害状況にもよるので費用を確認する場合は、見積りをとるとよいです。ここではおおまかな費用をご紹介しますので参考にしてみてください。

シロアリ駆除費用

シロアリ駆除費用

1平方メートルあたり1,200円~3,000円程度(1坪4千円~1万円程度)であることが多いです。費用に差があるのは、駆除に使う薬剤の違いや保証の有無、アフターサービスなどの違いがあるからです。

また、シロアリの駆除方法は2つあり、駆除方法によっても費用には差があります。

シロアリの駆除費用と方法

・バリア工法 1平方メートルあたり 1,900円程度
床下に薬剤を塗布したり散布したりして駆除する方法で即効性があります。

・ベイト工法 1メートルあたり 6,500円程度(家の周りの長さで費用が決まることが多い)
庭の地中に毒エサが入った容器を埋めて、シロアリの巣ごと駆除する工法で徐々に効果が出ます。

リフォーム費用

どのような設備工事をおこなうかによって費用はさまざまです。それぞれの費用相場は以下の通りです。

  • 洗面所 10万円~30万円程度
  • キッチン 50万円~160万円程度
  • 浴室 60万円~15万円程度
  • トイレ 15万円~50万円程度
  • 玄関 25万円程度~
  • 柱 100万円~300万円程度
  • 床下 100万円~300万円程度
  • 基礎補強工事 60万円~80万円程度
  • 換気設備や防水シート設置など 10万円~30万円程度

同時にできる業者に依頼しよう

シロアリ駆除業者とリフォーム業者それぞれに依頼するのではなく、どちらも施工可能な業者に依頼すると費用を抑えられます。

どちらも同時進行できれば人件費がカットされるためです。シロアリ駆除とリフォームのどちらも経験がある業者であれば、今後のシロアリ対策もできて安心でしょう。

シロアリが好む場所はこんなところ

シロアリは湿気のある暖かい場所が大好きです。また、木材をエサにしているので、とくに木造住宅ではシロアリがいないか目を光らせておくことが大事でしょう。住宅の中で気をつけたほうが良い場所について挙げていきます。

床下はシロアリにとって最高の場所

床下はシロアリにとって最高の場所

床下は屋外と比べれば暖かく、とくに床暖房のある住宅では冬でも温度が高く保たれていることがあります。日光があたらず通気が悪いため湿気も溜まりがちです。また、床下には家の基礎や柱といった木材が多く、湿気を吸って軟らかくなった木材はシロアリの大好物なのです。

このようなシロアリにとって快適な環境が整っているため、床下は住宅のなかでもっともシロアリの被害を受けやすい場所です。そのため、屋外の風が入ってくる通気口の近くに物を置かないようにするようにすることが大切です。ほかに、シロアリ対策を業者に依頼し、シロアリを未然に防ぐ薬剤をまいてもらうと安心でしょう。

キッチンや浴室などの水回り

頻繁に水を使用するキッチンや浴室は湿度が高いのでシロアリが好む場所です。床のタイルにヒビがあったり排水管の水漏れがあったりすると、地中から侵入してしまうのです。

まずは、ヒビや割れなどの劣化が見られる場所は補修し、そのうえでいつも換気しておくとシロアリの予防になるでしょう。

雨漏りしている箇所や玄関も被害に遭いやすい

雨漏りしている場所では、木材が湿った状態になっています。シロアリが好む環境になっているため、被害に遭いやすいです。

また、玄関の床はコンクリートやタイルが地面に直接敷かれているので、少しでも割れがあると、すぐにシロアリに侵入されてしまうのです。

玄関掃除では水をまくこともあるので、湿度を上げてしまう場合もあるでしょう。きちんと水気を拭き取っておかないと湿気のある場所となってしまうため、掃除したあとは乾燥させておきましょう。

このように、シロアリは少しの隙間があれば外から家のなかへ侵入できてしまうため、素人では完全駆除をおこなうことは難しいです。駆除できたと思っても違う場所で再発してしまうおそれがあり、結果いたちごっこになってしまうことが多いです。

もちろん自分でシロアリ駆除やリフォームをおこなうことはできます。しかしながら、オススメできません。リフォームするとき、家の壁と設置したものとの間に隙間ができてしまい、そこをまたシロアリが好む環境にしてしまうおそれもあるからです。

シロアリの好む場所を作ってしまうかもしれないと不安に思うよりも作業に慣れている業者に依頼したほうが、隙間ができることなくリフォームを完了することができます。

とはいえ、数多い業者から駆除業者とリフォーム業者を選ぶのは大変です。また、同時に施工できる業者を選ぶとなると、一段と大変に思うことでしょう。

そのような場合は、弊社におまかせください。弊社であればどちらも施工できる業者をご紹介することができます。お客様のご希望に添える業者をご紹介します。

お忙しいかたにもご利用していただけるように早朝や深夜でもお電話受け付けております。一度ご相談ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!