シロアリはマンションでも発生する?駆除費用の負担先についても解説|現地調査・お見積り無料!害虫にお悩みなら「害虫駆除110番」におまかせ!

0120-846-382

24時間365日、日本全国受付対応中

シロアリはマンションでも発生する?駆除費用の負担先についても解説

シロアリ マンション

シロアリは、木材を好むので木造住宅にしか発生しないと考えているかもしれません。しかし、シロアリは鉄筋コンクリートのマンションでも発生します。なぜなら、シロアリは木材だけでなくコンクリートや金属なども食害するからです。当記事ではシロアリがマンションに発生しやすくなる条件や、自分でできる予防対策について解説していきます。また、シロアリの駆除費用の負担先についてもご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

シロアリが賃貸マンションでも発生する原因

シロアリはわずかなすき間からでも屋内に侵入し、木材を食害します。そのためマンションでもシロアリの好む環境が整っていれば、木造住宅や戸建住宅と同じようにシロアリが発生してしまうのです。シロアリは、エサとなる木材があり高温多湿の環境を好みます。

この章では、シロアリがマンションで発生する場所や発生しやすい条件について解説していきます。

発生場所

シロアリ 発生場所

マンションで、シロアリが発生しやすい場所を確認していきましょう。

・ベランダ

ベランダの雨漏りを放置していると、木材部分が腐ってシロアリの発生原因になる場合があります。また、巣立ちした羽アリが飛んできてベランダから侵入することもあるのです。羽アリは2~3階の高さまで飛んでくることがあります。

・和室

畳は湿気を吸収しているので、シロアリのエサとなってしまいます。またシロアリは畳の表面ではなく裏面や内側を食害するので、一目見ただけでは被害に気付かないことがあるのです。

・浴室やキッチンなどの水回り

浴室やキッチンなどの水回りは湿気が多くなる場所なので、シロアリの発生場所になります。とくにタイル張りの浴室には注意が必要です。なぜなら、経年劣化などでタイルにひびが入っているとそこから水漏れして、シロアリが食害してしまうからです。

・木製の家具

シロアリは木製の家具が発生原因になることもあります。たとえば、輸入家具に外来種のアメリカカンザイシロアリが付着している場合があるのです。

シロアリが発生しやすい条件

シロアリが発生しやすい条件についても見ていきましょう。

・室内が高温多湿になっている

部屋のなかが高温多湿の状態になっていると、木材が湿気を吸収してシロアリのエサとなってしまいます。

・ベランダで植物を育てている

シロアリは枯れた植物をエサにするので、ベランダや1階の庭で植物を育てている場合も注意しましょう。

・外壁にひびが入っている

シロアリはコンクリートのひび割れや外壁のひびから穴を開けて侵入してきます。

・床下がない

マンションには床下がない場合が多く、土壌から直接侵入することができてしまいます。そのため、とくに1階は注意が必要です。

シロアリを駆除するときにとるべき行動

はじめにシロアリが発生しているか、自分で以下の5つのポイントをチェックしてみましょう。

  • 床がフカフカする
  • 柱や壁を叩くと空洞音がする
  • ドアが開けにくくなった
  • 室内で食害されたところを見つけた
  • 土が不自然に盛り上がっているところがある(蟻道がある)

以上のようなことがあった場合は、シロアリが発生している可能性があります。そのため業者による駆除を検討しましょう。

まずは管理組合や大家さんへ連絡

シロアリ駆除 連絡

マンションでシロアリが発生したときは自分で直接業者に連絡するのではなく、まずは管理組合や大家さんに連絡をしましょう。マンションなどの集合住宅では近隣の入居者にも配慮が必要なだからです。断りなく業者に頼んだ場合、本来負担してもらえるはずの費用を負担してもらえないおそれがあるのです。

連絡するときには管理組合や大家さんにシロアリによる被害の状況を説明します。先ほどご紹介した5つのチェックポイントも参考にしてみてください。

シロアリ駆除業者へ連絡

管理組合や大家さんに連絡し、承認がもらえたら業者に点検を依頼します。このときもシロアリを見つけた場所や被害状況をできるだけ伝えておきましょう。

駆除費用は誰が負担するのか

賃貸マンションでシロアリが発生した場合、駆除費用は誰が負担するのかということが気になるかと思います。シロアリの駆除費用は基本的には、大家さんが負担することが多いです。しかし、住人が負担するケースもありますので見ていきましょう。

・大家さんが負担する場合

床下や廊下などの共用部分でシロアリが発生したときは管理者の負担になる場合があります。

・住人が負担する場合

ベランダに木材やダンボールなどを置いていて、シロアリが侵入してきたときは住人の負担になる場合があるので気をつけましょう。また、木製の家具などに付着していた場合も住人の負担になる場合があります。

また分譲マンションでシロアリが発生した場合も、共有部分で発生した場合は管理組合が費用を負担します。住人に落ち度があって発生した場合は、住人の負担となる可能性が高いです。

シロアリを見つけたらすぐに管理者に連絡をしましょう。もしも連絡を怠ってしまい、被害が大きくなると費用を負担しなければいけなくなる場合もあります。マンションでのシロアリの被害はほかの入居者にも影響を及ぼすおそれがあるため、早急に対応することが大切です。普段から気になることがあれば、管理者と情報を共有しておきましょう。

マンションにシロアリが出て困っているというかたは弊社までご相談ください。弊社ではシロアリ駆除業者の派遣をおこなっております。全国に加盟店をもっていますので、ご相談いただきましたら、すばやくお客様のお近くの業者をご紹介することが可能です。

日ごろからシロアリの予防対策をしよう

マンションでのシロアリ被害を防ぐためには、日ごろから予防対策をおこなっておくことが大切になります。

換気をおこなう

シロアリ 予防

室内の換気をこまめにおこない、湿気が溜まらないようにしましょう。また浴室を使ったあとは窓を開けて換気しておきます。

ベランダに木材やダンボールを放置しない

ベランダにはシロアリのエサになるような木材やダンボールは放置しないように気をつけましょう。

雨漏りしている場所は修理する

雨漏りをしていると、家のなかで湿気が発生しやすくなりシロアリの発生原因となってしまいます。そのため、雨漏りしている場所は早めに修理しておきましょう。

定期的に点検をおこなう

シロアリの被害を早期発見するためには、普段からセルフチェックをしておくのが大切になります。床がきしんだり柱や壁を叩くと空洞音がしたりするなどの場合は、業者に相談して詳しく点検してもらうのがよいでしょう。

弊社では、シロアリ駆除や予防に対応した業者の手配をおこなっております。お見積りや現地調査にかかる費用は無料となっておりますのでお気軽にご相談ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

対応エリア

害虫駆除110番日本全国対応できます!